top of page

イニエスタからのヒント

Updated: Jun 8, 2023

全く関係のないことですが,神戸のイニエスタが7月に退団します。これに関係した雑感です。

 2010年にドイツのミュンヘン大学へ短期留学をしました。ここでブタの生殖工学,遺伝子改変を知り,今日に至ります。

 ミュンヘンでは胚操作やクローン技術も学んだのですが,それよりも研究におけるチームを強く印象付けられました。つまり,研究はあくまでもチームで行うもの,今日のサイエンスでは個人でできることは限られていることです。

 何も知らずに,ただ海外を見てみたいというだけでミュンヘンに渡航しました。幸いなことにミュンヘンでは遺伝子改変ブタを使って疾患モデルや臓器再生を試みているラボに滞在できました。後で知ったことですが,業界内では世界的にも知られたラボでした。

 そこでは分業といいますか,各研究者が自分の役割をしっかり持って研究をしていました。言い換えれば,各プレーヤーがチームの勝利のために行動している感じです。その年,ヨーロッパのチャンピオンシップでバイエルンミュンヘンが優勝したこともあり,ラボのチームプレーがサッカーみたいだと感じました。

 そこで「獣医学はどんなプレーヤーになれるだろう」と感じました。6年間の学部では資格取得もあるため,広く獣医学を学びます。そうすると実質,研究できるのは大学院博士課程の4年間だけです。私には「一つの領域において,農学や理学で生殖生物学をやっているラボや研究室に追いつき,追い越すのは難しい」と感じました。

 それならば,他の人たちができないことって何なんだろうと考えました。「そう,生体を使うこと,獣医学的な処置やケアができること」,また「動物病院の先生方にお手伝いいただければ,高度な獣医臨床に立脚した研究ができること」だと浮かびました。

 もしかしたら,絶対的なストライカーにはなれないかもしれないけれども,ストライカーに適切なパスを出して勝利を演出するようなプレーヤーにはなれるかもと,身分不相応な妄想を抱きました。ワールドカップとはいかなくても,そこそこできるかもと。

 そんなことを考えてもう10年以上が立ちます。世界最高峰のパサーであるイニエスタはまだまだ遠くにありますが,少しでも彼に近づきたいと毎日を過ごしています。

 



 




22 views

Recent Posts

See All

創薬シーズ共同研究の公募

岐阜大学で創薬シーズ共同研究の公募が出ています(5月31日締切り)。この公募は「創薬シーズの開発・育成研究を中心に,日本医療研究開発機構 (AMED)の橋渡し研究プログラム(シーズA又はシーズ H)を目指す研究提案」を対象としています。 昨年度,このグラントに採択いただき,糖尿病マイクロミニピッグモデルを作製しました。今年度はこのモデルをプレーデータとして使い,大きなプロジェクトに挑みます。 どん

4/14 ガクチカを挙げるならば

研究室で話をしていて,「ガクチカ」が話題になりました。ガクチカとは「学生時代に力を入れたこと」の略だそうです。そのガクチカが就職試験で問われるので,どうしたらよい?との話でした。 研究室に入る前のことは分かりませんが,少なくとも研究室に入ってからは「研究」ではないかと答えました。それに対して,ガクチカは「学業以外」だから,研究は違うのではということでした。 ちょっと乱暴な見方をします。ガクチカもな

4/6 研究進捗の報告会がありました

月に1回行っている研究進捗の報告会がありました。2月頭からの引越しで時間をとれなかったこともあり,久しぶりの開催でした。各々がこれまでの結果を踏まえて何をしなければならないかを明確にできたと思います。 少し大きく,かつ遠い目標に対して継続的に何かをしていくことは簡単ではありません。それならば,短期的なゴールを作り,(宣言することで)しなければならない状況にし,小さなゴールを達成することで,振り返っ

Comentarios


bottom of page