top of page

イニエスタからのヒント

Updated: Jun 8

全く関係のないことですが,神戸のイニエスタが7月に退団します。これに関係した雑感です。

 2010年にドイツのミュンヘン大学へ短期留学をしました。ここでブタの生殖工学,遺伝子改変を知り,今日に至ります。

 ミュンヘンでは胚操作やクローン技術も学んだのですが,それよりも研究におけるチームを強く印象付けられました。つまり,研究はあくまでもチームで行うもの,今日のサイエンスでは個人でできることは限られていることです。

 何も知らずに,ただ海外を見てみたいというだけでミュンヘンに渡航しました。幸いなことにミュンヘンでは遺伝子改変ブタを使って疾患モデルや臓器再生を試みているラボに滞在できました。後で知ったことですが,業界内では世界的にも知られたラボでした。

 そこでは分業といいますか,各研究者が自分の役割をしっかり持って研究をしていました。言い換えれば,各プレーヤーがチームの勝利のために行動している感じです。その年,ヨーロッパのチャンピオンシップでバイエルンミュンヘンが優勝したこともあり,ラボのチームプレーがサッカーみたいだと感じました。

 そこで「獣医学はどんなプレーヤーになれるだろう」と感じました。6年間の学部では資格取得もあるため,広く獣医学を学びます。そうすると実質,研究できるのは大学院博士課程の4年間だけです。私には「一つの領域において,農学や理学で生殖生物学をやっているラボや研究室に追いつき,追い越すのは難しい」と感じました。

 それならば,他の人たちができないことって何なんだろうと考えました。「そう,生体を使うこと,獣医学的な処置やケアができること」,また「動物病院の先生方にお手伝いいただければ,高度な獣医臨床に立脚した研究ができること」だと浮かびました。

 もしかしたら,絶対的なストライカーにはなれないかもしれないけれども,ストライカーに適切なパスを出して勝利を演出するようなプレーヤーにはなれるかもと,身分不相応な妄想を抱きました。ワールドカップとはいかなくても,そこそこできるかもと。

 そんなことを考えてもう10年以上が立ちます。世界最高峰のパサーであるイニエスタはまだまだ遠くにありますが,少しでも彼に近づきたいと毎日を過ごしています。

 



 




21 views

Recent Posts

See All

27日と28日に東京で行われた日本ウマ科学会で発表してきました。タイトルは『「馬追い」を活用した御崎馬における血統書作成』です。 本当は,今年度の馬追いに参加した泉さんに発表をしてもらおうと思ったのですが,試験のため参加が叶わなかったため,替わりに高須が発表しました。 11月後半から,クライオカンファランス,先進医工学ブタ研究会,ウマ科学会で報告できました。今年度の目標,「たくさん学会で報告する」

11月24日,25日に三島で開催された先進医工学ブタ研究会で杷野さんが発表してきました。演題は「アダルトマイクロミニピッグの脳MRアトラス」でした。 異種移植などをされている先生方の前で,少し緊張をされているように感じましたが,上手く話せていました。質問やコメントも出て有意義な報告であったと感じました。 改めて,学会という〆切を作って,まとめ,報告する作業の大切さを感じました。杷野さん,お疲れさま

杷野さん主催のゼミで,Generation of functional ooyctes from male mice in vitro。Nature 615, 2023を読みました。オスのマウスの始原生殖細胞の性を転換させ,オス由来の卵子を作る研究です。すぐに使える実用的な価値は?と問われると難しいのですが,生物学としてとても興味深い内容でした。 今は実用を目指した研究を中心としていますが,生物学

bottom of page