top of page

今年度の研究が始まります

Updated: May 18, 2023

年度が明けて1か月,今年度の研究が始まってきました。AMEDの研究,JSTの研究,個別の研究とたくさんの先生方からお声がけいただいています。有難いです!

 研究なのですこしでも結果を出したいと思いつつも,やはり研究です。思った通りにはいかないことも多々あり,もどかしいです。

 もちろん,研究室の大きな目標である「マイクロミニピッグを用いた非侵襲的な遺伝子改変個体の作出」を今年度こそは!と思っています。2010年から始めた研究なので,かれこれ13年目。しつこいですね。

14 views

Recent Posts

See All

5/9 少しずつ進んでいます

連休が明け,少しずつ新年度が動き出してきました。進行中のプロジェクトもありますが,新たなプロジェクトの相談も出てきています。気が早いように思われるかもしれませんが,そろそろ秋の申請に向けて動かなければならない時期になってきています。 本日,担当する講義でも話をする予定なのですが,幸運の女神には後ろ髪が無いといわれています。幸運の女神がこちらに向かってきたときには前髪をつかめるのですが,去っていくと

4/25 論文が受理されました

東京慈恵会医科大学とのブタの胎子オルガノイドに関する共同研究がInt. J. Mol. Sci.に受理されました。タイトルは,Fetal kidney grafts and organoids from microminiature pigs: Establishing a protocol of production and long-term cryopreservation. Inage e

4/19 創薬シーズ共同研究の公募

岐阜大学で創薬シーズ共同研究の公募が出ています(5月31日締切り)。この公募は「創薬シーズの開発・育成研究を中心に,日本医療研究開発機構 (AMED)の橋渡し研究プログラム(シーズA又はシーズ H)を目指す研究提案」を対象としています。 昨年度,このグラントに採択いただき,糖尿病マイクロミニピッグモデルを作製しました。今年度はこのモデルをプレーデータとして使い,大きなプロジェクトに挑みます。 どん

Comments


bottom of page