top of page

学会で発表を目標に。

2018年に発生した豚熱,2019年からのコロナが終息してきたことから,2023年度からは研究をしっかりやろう!と思っていました。学生の皆さんには積極的に学会に発表してもらううことを目標の1つとしていました。

 目標をすこしずつ現実にできてきました。杷野さんには11月の先進医工学ブタ研究会,パイントーさんには来年5月の実験動物学会,加藤君と泉さん(できれば杷野さんも)には来年9月の獣医学会で発表してもらえるのではないかと感じています。これまでオンラインでの参加だったのであまり参加を提案できなかったのですが,京都や帯広といった場所での開催ならば見識を広める意味でも意義があるように思います。

 「学会で発表する」という締切りがあれば,まとめざるを得ません。短期的な目標を積み重ねることでゴールが近づきます。

20 views

Recent Posts

See All

7/12 自治医科大学大学院で特別講義を行いました

自治医科大学大学院で特別講義を行いました。「臨床獣医学に立脚したトランスレーショナルリサーチ」という演題で,生物学的な視野を持った医学である獣医学がどのように医学や工学,生物学や農学を繋いで実験医学を進めるかを話しました。 どこまでお伝え出来たか分かりませんが,意外に質問も多く,とても有意義な経験となりました。自治医科大学と言えば,ピッグセンターが有名です。そんな大学への訪問は,力試しのために道場

7/2 東海大学との共同研究論文が受理されました

東海大学の安藤先生らとの共同研究 Genetic links between reproductive traits and amino acid pairwise distances of swine leukocyte antigen alleles among mating partners in Microminipigsが,Intl. J. Mol. Sci.に受理されました。 今回,デ

6/28 COMITフォーラムを開催しました

岐阜大学COMITフォーラム「ミニブタを用いたトランスレーショナルリサーチ~ヒト医療への橋渡しを目指して~」を開催しました。ここで,ミニブタを使った研究の実際を話しました。 マウスを扱っている先生方がミニブタに関心を持ったとき,「知らないこと」「どうしたらよいかわからないこと」が大きなハードルとなります。餅は餅屋,COMITの窓口を通じて相談いただけたら,研究立案から申請,実施までをご一緒いたしま

댓글


bottom of page