top of page

研究室に入ったら

私達の分野では食肉処理場からブタの卵巣をもらってきて、体外受精やクローンなどの研究に使います。サンプルの入手が容易なことが理由のひとつです。

研究室に入ると、私達研究室では食肉処理場由来のサンプルを使って、胚の扱い、体外受精、クローン胚の作製などのトレーニングをします。この技術が一定のレベルになったら本格的に実験に入ります。

タマゴをなくしたり、コンタミさせたり、発生しなかったりと、はじめはなかなか上手くいかないのですが、少しずつ胚盤胞ができるようになります。

 来週から臨床繁殖実習で4年生の皆さんに一連の手技を経験してもらいます。少しでも私たちの分野に関心を持っていただけたら嬉しいです。


28 views

Recent Posts

See All

創薬シーズ共同研究の公募

岐阜大学で創薬シーズ共同研究の公募が出ています(5月31日締切り)。この公募は「創薬シーズの開発・育成研究を中心に,日本医療研究開発機構 (AMED)の橋渡し研究プログラム(シーズA又はシーズ H)を目指す研究提案」を対象としています。 昨年度,このグラントに採択いただき,糖尿病マイクロミニピッグモデルを作製しました。今年度はこのモデルをプレーデータとして使い,大きなプロジェクトに挑みます。 どん

4/14 ガクチカを挙げるならば

研究室で話をしていて,「ガクチカ」が話題になりました。ガクチカとは「学生時代に力を入れたこと」の略だそうです。そのガクチカが就職試験で問われるので,どうしたらよい?との話でした。 研究室に入る前のことは分かりませんが,少なくとも研究室に入ってからは「研究」ではないかと答えました。それに対して,ガクチカは「学業以外」だから,研究は違うのではということでした。 ちょっと乱暴な見方をします。ガクチカもな

4/6 研究進捗の報告会がありました

月に1回行っている研究進捗の報告会がありました。2月頭からの引越しで時間をとれなかったこともあり,久しぶりの開催でした。各々がこれまでの結果を踏まえて何をしなければならないかを明確にできたと思います。 少し大きく,かつ遠い目標に対して継続的に何かをしていくことは簡単ではありません。それならば,短期的なゴールを作り,(宣言することで)しなければならない状況にし,小さなゴールを達成することで,振り返っ

Comments


bottom of page