top of page

研究室に入ったら

私達の分野では食肉処理場からブタの卵巣をもらってきて、体外受精やクローンなどの研究に使います。サンプルの入手が容易なことが理由のひとつです。

研究室に入ると、私達研究室では食肉処理場由来のサンプルを使って、胚の扱い、体外受精、クローン胚の作製などのトレーニングをします。この技術が一定のレベルになったら本格的に実験に入ります。

タマゴをなくしたり、コンタミさせたり、発生しなかったりと、はじめはなかなか上手くいかないのですが、少しずつ胚盤胞ができるようになります。

 来週から臨床繁殖実習で4年生の皆さんに一連の手技を経験してもらいます。少しでも私たちの分野に関心を持っていただけたら嬉しいです。


29 views

Recent Posts

See All

7/12 自治医科大学大学院で特別講義を行いました

自治医科大学大学院で特別講義を行いました。「臨床獣医学に立脚したトランスレーショナルリサーチ」という演題で,生物学的な視野を持った医学である獣医学がどのように医学や工学,生物学や農学を繋いで実験医学を進めるかを話しました。 どこまでお伝え出来たか分かりませんが,意外に質問も多く,とても有意義な経験となりました。自治医科大学と言えば,ピッグセンターが有名です。そんな大学への訪問は,力試しのために道場

7/2 東海大学との共同研究論文が受理されました

東海大学の安藤先生らとの共同研究 Genetic links between reproductive traits and amino acid pairwise distances of swine leukocyte antigen alleles among mating partners in Microminipigsが,Intl. J. Mol. Sci.に受理されました。 今回,デ

6/28 COMITフォーラムを開催しました

岐阜大学COMITフォーラム「ミニブタを用いたトランスレーショナルリサーチ~ヒト医療への橋渡しを目指して~」を開催しました。ここで,ミニブタを使った研究の実際を話しました。 マウスを扱っている先生方がミニブタに関心を持ったとき,「知らないこと」「どうしたらよいかわからないこと」が大きなハードルとなります。餅は餅屋,COMITの窓口を通じて相談いただけたら,研究立案から申請,実施までをご一緒いたしま

Comments


bottom of page