top of page

論文ゼミがありました

本日,加藤君担当で論文ゼミがありました。ohinata, Y. eta al., Establishment of mouse stem cells that can recapitulate the developmental potential of primitive endoderm. Science 2022.でした。受精3日目に形成されるマウスの胚盤胞は,主に胚になる細胞(エピブラスト),胎盤になる細胞(栄養膜),卵黄嚢になる細胞(原始内胚葉)で構成されます。上の論文は,卵黄嚢になる原始内胚葉の幹細胞を樹立し田という論文でした。

 さらに,この原始内胚葉と栄養膜幹細胞,ES細胞を合わせて胚のようなものblastoid(ETC複合体)をレシピエントの子宮内に戻したら,着床したということでした。



7 views

Recent Posts

See All

7/12 自治医科大学大学院で特別講義を行いました

自治医科大学大学院で特別講義を行いました。「臨床獣医学に立脚したトランスレーショナルリサーチ」という演題で,生物学的な視野を持った医学である獣医学がどのように医学や工学,生物学や農学を繋いで実験医学を進めるかを話しました。 どこまでお伝え出来たか分かりませんが,意外に質問も多く,とても有意義な経験となりました。自治医科大学と言えば,ピッグセンターが有名です。そんな大学への訪問は,力試しのために道場

7/2 東海大学との共同研究論文が受理されました

東海大学の安藤先生らとの共同研究 Genetic links between reproductive traits and amino acid pairwise distances of swine leukocyte antigen alleles among mating partners in Microminipigsが,Intl. J. Mol. Sci.に受理されました。 今回,デ

6/28 COMITフォーラムを開催しました

岐阜大学COMITフォーラム「ミニブタを用いたトランスレーショナルリサーチ~ヒト医療への橋渡しを目指して~」を開催しました。ここで,ミニブタを使った研究の実際を話しました。 マウスを扱っている先生方がミニブタに関心を持ったとき,「知らないこと」「どうしたらよいかわからないこと」が大きなハードルとなります。餅は餅屋,COMITの窓口を通じて相談いただけたら,研究立案から申請,実施までをご一緒いたしま

Commentaires


bottom of page