top of page

11/30 卒論発表会がありました。

獣医学科6年生の卒業研究発表会がありました。当研究室の宮崎君は,「超音波ガイド下採経腹壁採卵法により採取した卵子を用いた遺伝子改変胚の作製および胎仔の獲得」というタイトルで発表しました。実験を頑張ってきた時間に裏付けられた自信が落ち着いた発表に表れていたように思います。

 本気で異種移植や臓器再生を目指し,その基盤技術を構築する試みは容易ではなく,時間もかかります。でも,それができたとき,費やしてきた時間と労力以上に,うれしさを感じるように思います。たとえそれを失敗しても,挑戦したことの価値は残されると感じています。

 宮崎君の発表する様子をみて,灌漑深いものがありました。


 


11 views

Recent Posts

See All

6/7 獣医学会の締め切り

今日が帯広畜産大学で開催される獣医学会の抄録提出 締め切りです。なんとか目星がついて,当研究室から3人 エントリーできそうです。よく頑張りました! 確かに内容としてはそこまで立派ではないかもしれません。でも,サッカーも「シュートで終える」とも言います。途中で投げ出し,放っておいてしまうと,データは古くなり,腐ります。それならば,しょうもないとか価値がないといわれても良いので,学会で報告し,論文とし

6/2 獣医再生医療学会に参加しました

共同研究で間葉系幹細胞治療に関する研究を進めています。漠然とこの研究を獣医臨床においても応用したいと考えています。そのためには,まず現状を知ることだと思い,学会に参加しました。 幹細胞治療というと「効く仕組み」が明確ではないこともあり,どうなのだろうか?と思われる先生も多くいらっしゃると思います。それならば,やはり少しでも根拠を出すための研究を進めなければならないなと思います。 もちろん,サイエン

5/29 実験動物学会で発表しました

大学院生のパイントーさんが京都で行われた実験動物学会で発表をしてきました。マイクロミニピッグにおけるか排卵処置に関する内容です。 学会での発表のため,ぎりぎりまで実験し,スライドを直していました。ずいぶん大変だったのではないかと思います。でも,中間目標となる学会があったからこそ,頑張れたことも事実だと思います。 漠然とした大きな目標に向かっての努力は難しいですが,「小さな目標を設定してクリアしてい

Comments


bottom of page