top of page

12/15 杷野さんの論文がアクセプトとなりました。

Updated: Dec 18, 2023

Animal Science Journalに投稿していた論文「Ovarian dynamics in progesterone tablet-induced superovulation in goats assessed by magnetic resonance imaging」がアクセプトとなりました。

 日本ではヒツジ・ヤギに用いる膣内留置プロゲステロン徐放デバイスがありません。そこで,同徐放デバイスの替わりにヒトの不妊治療で用いられているプロゲステロンのタブレットを過剰排卵処置に応用するという内容です。

 分子生物学的なテクニックが向上し,遺伝子改変・ゲノム編集がとてもやりやすくなりました。でも,需要があるにもかかわらず,多くの国々でヤギやブタの遺伝子改変・ゲノム編集は実施されていません。この理由として,多くの研究室で生体を扱うことが困難であり,かつ生体を扱う技術(In Vivo)が洗練されていないことが挙げられます。

 私たちは少し遠回りだけれども,中大動物におけるIn Vivo技術を洗練させることで,より付加価値の高い遺伝子改変・ゲノム編集動物の作出を試みて参ります。

 

20 views

Recent Posts

See All

7/12 自治医科大学大学院で特別講義を行いました

自治医科大学大学院で特別講義を行いました。「臨床獣医学に立脚したトランスレーショナルリサーチ」という演題で,生物学的な視野を持った医学である獣医学がどのように医学や工学,生物学や農学を繋いで実験医学を進めるかを話しました。 どこまでお伝え出来たか分かりませんが,意外に質問も多く,とても有意義な経験となりました。自治医科大学と言えば,ピッグセンターが有名です。そんな大学への訪問は,力試しのために道場

7/2 東海大学との共同研究論文が受理されました

東海大学の安藤先生らとの共同研究 Genetic links between reproductive traits and amino acid pairwise distances of swine leukocyte antigen alleles among mating partners in Microminipigsが,Intl. J. Mol. Sci.に受理されました。 今回,デ

6/28 COMITフォーラムを開催しました

岐阜大学COMITフォーラム「ミニブタを用いたトランスレーショナルリサーチ~ヒト医療への橋渡しを目指して~」を開催しました。ここで,ミニブタを使った研究の実際を話しました。 マウスを扱っている先生方がミニブタに関心を持ったとき,「知らないこと」「どうしたらよいかわからないこと」が大きなハードルとなります。餅は餅屋,COMITの窓口を通じて相談いただけたら,研究立案から申請,実施までをご一緒いたしま

Comments


bottom of page