top of page

12/15 杷野さんの論文がアクセプトとなりました。

Updated: Dec 18, 2023

Animal Science Journalに投稿していた論文「Ovarian dynamics in progesterone tablet-induced superovulation in goats assessed by magnetic resonance imaging」がアクセプトとなりました。

 日本ではヒツジ・ヤギに用いる膣内留置プロゲステロン徐放デバイスがありません。そこで,同徐放デバイスの替わりにヒトの不妊治療で用いられているプロゲステロンのタブレットを過剰排卵処置に応用するという内容です。

 分子生物学的なテクニックが向上し,遺伝子改変・ゲノム編集がとてもやりやすくなりました。でも,需要があるにもかかわらず,多くの国々でヤギやブタの遺伝子改変・ゲノム編集は実施されていません。この理由として,多くの研究室で生体を扱うことが困難であり,かつ生体を扱う技術(In Vivo)が洗練されていないことが挙げられます。

 私たちは少し遠回りだけれども,中大動物におけるIn Vivo技術を洗練させることで,より付加価値の高い遺伝子改変・ゲノム編集動物の作出を試みて参ります。

 

17 views

Recent Posts

See All

2/9 富士フィルムドライケム IMMUNO AU10Vの導入

富士フィルムのホルモン測定用ドライケムを導入しました。甲状腺ホルモン,コルチゾール,総胆汁酸,SAA,プロゲステロンを測定できる装置です。 私たちも個体を中心とした生殖工学を研究していますので,時にホルモンを測定します。確かにホルモンの測定と言えばELISAもあるのですが,発情期を見極めるためなどに1検体だけの測定,リアルタイムの測定が必要となります。こういう時にELISAは不向きです。 当方では

2/4 芸人さんとの共同研究の話

理工学部のM先生との共同研究を進めています。実験の待ち時間にいろいろな話を伺うのですが,同じものを見ていても分野が違うと視点も違っているので,とても面白く感じています。 M先生から,ある芸人さんと一緒に研究をしているという話を伺いました。私は知らなかったのですが,わりと知られている方のようです。早速,その芸人さんのユーチューブを見てみたのですが,なるほど!先生の仰る通り,じわじわくる可笑しさを感じ

1/21 研究室の引越し

臨床繁殖学研究室 准教授の先生が赴任されることから,今年度内に研究室(居室と実験室)の引越しをいたします。もちろん,所属する学生さん,スタッフも一緒です。これに伴い,このHPのアクセス情報なども修正いたしました。 移動先は,学術研究・産学官連携推進本部棟(高等研究院)です。岐阜大学の北東,第二食堂と総合研究棟IIの間,2階建ての建物です。実験室からは遠くに黒野寮が見える場所です。在学生・卒業生なら

bottom of page