top of page

12/31 2023年のまとめ

2023年は,目標にしていた「しっかり研究する」を大むね達成できたように思います。たしかにまだ大きな成果は得られていませんが,研究室に学術的な雰囲気が生まれてきたように思います。これはひとえに陰ひなたなく努力し,気配りし,一生懸命に研究室で過ごしてきた皆さんの頑張りの成果だと思っています。皆さん,ありがとう! 2024年もよろしくお願いします!

 



 

 


19 views

Recent Posts

See All

6/7 獣医学会の締め切り

今日が帯広畜産大学で開催される獣医学会の抄録提出 締め切りです。なんとか目星がついて,当研究室から3人 エントリーできそうです。よく頑張りました! 確かに内容としてはそこまで立派ではないかもしれません。でも,サッカーも「シュートで終える」とも言います。途中で投げ出し,放っておいてしまうと,データは古くなり,腐ります。それならば,しょうもないとか価値がないといわれても良いので,学会で報告し,論文とし

6/2 獣医再生医療学会に参加しました

共同研究で間葉系幹細胞治療に関する研究を進めています。漠然とこの研究を獣医臨床においても応用したいと考えています。そのためには,まず現状を知ることだと思い,学会に参加しました。 幹細胞治療というと「効く仕組み」が明確ではないこともあり,どうなのだろうか?と思われる先生も多くいらっしゃると思います。それならば,やはり少しでも根拠を出すための研究を進めなければならないなと思います。 もちろん,サイエン

5/29 実験動物学会で発表しました

大学院生のパイントーさんが京都で行われた実験動物学会で発表をしてきました。マイクロミニピッグにおけるか排卵処置に関する内容です。 学会での発表のため,ぎりぎりまで実験し,スライドを直していました。ずいぶん大変だったのではないかと思います。でも,中間目標となる学会があったからこそ,頑張れたことも事実だと思います。 漠然とした大きな目標に向かっての努力は難しいですが,「小さな目標を設定してクリアしてい

Comments


bottom of page