top of page

12/5 3か月続けてきた実験が一区切りです。

9月のあたまから続けてきた共同研究の第一クールが終わりました。他大学の先生,学内の先生からのご支援を頂けたことで大きなトラブルもなく終えられました。気づかないところで気を張っていたのか,少しぼんやりしてしまいました。

 いわゆる産業豚は一か月で数倍のサイズになります。7,8kgだった個体が一か月後には20㎏にもなってしまうくらいですので,その成長には驚かされます。いっぽう,マイクロミニピッグは3か月の試験期間でも1㎏程度しか増えていません。決して食事を制限していないのにもかかわらずです。

 マイクロミニピッグは,adultでも20-30㎏程度です。初めて見た方は口をそろえて「意外にデカい!」とおっしゃりますが,adult で300㎏にもなる産業豚と比較していただければ,マイクロであることを納得いただけます。この小ささが私たちの研究を支えてくれています。

 今回,定期的にCTを撮影しました。はじめの一か月は毎週,その後,2か月目,3か月目に1回のペースでした。ヒトの病院で使っているものと同じスペックのCTで変化を観察できたことは,生理学的な変化を的確に捉えられます。また,ここで得られたデータはヒトに外挿できる有用なデータとなります。あらためて,このような研究には,マイクロミニピッグは最適だなと感じました。さすがに10㎏程度の産業豚は3か月も経つと80㎏近くにもなりますので経時的な観察は難しいです。私も80㎏のブタを運び,CT撮像をしたくはありません。もしかしたら,ガントリ(ドーナツの穴の部分)に入らないかもしれません。




 

 

 

14 views

Recent Posts

See All

7/12 自治医科大学大学院で特別講義を行いました

自治医科大学大学院で特別講義を行いました。「臨床獣医学に立脚したトランスレーショナルリサーチ」という演題で,生物学的な視野を持った医学である獣医学がどのように医学や工学,生物学や農学を繋いで実験医学を進めるかを話しました。 どこまでお伝え出来たか分かりませんが,意外に質問も多く,とても有意義な経験となりました。自治医科大学と言えば,ピッグセンターが有名です。そんな大学への訪問は,力試しのために道場

7/2 東海大学との共同研究論文が受理されました

東海大学の安藤先生らとの共同研究 Genetic links between reproductive traits and amino acid pairwise distances of swine leukocyte antigen alleles among mating partners in Microminipigsが,Intl. J. Mol. Sci.に受理されました。 今回,デ

6/28 COMITフォーラムを開催しました

岐阜大学COMITフォーラム「ミニブタを用いたトランスレーショナルリサーチ~ヒト医療への橋渡しを目指して~」を開催しました。ここで,ミニブタを使った研究の実際を話しました。 マウスを扱っている先生方がミニブタに関心を持ったとき,「知らないこと」「どうしたらよいかわからないこと」が大きなハードルとなります。餅は餅屋,COMITの窓口を通じて相談いただけたら,研究立案から申請,実施までをご一緒いたしま

Comments


bottom of page