top of page
L5114527.tiff

BIOMEDICAL ENGINEERING

生体医工学(Biomedical Engineerig)とは,生物医科学に工学的な技術を融合させた学際的な分野です。私たちはマイクロミニピッグを用いたバイオテクノロジーの研究・開発を進めています。
アンカー 1

​Our mission

私たちは,臨床獣医学をに立脚した「生殖発生工学」を専門としています。この研究のために,2010年よりマイクロミニピッグを飼い始めました。気が付けば,もう10年以上経ってしまいました。

 私たちにはマイクロを飼育してきたノウハウがあることから,専門を異とする研究者からお声がけいただけるようになりました。有難いことに,再生医療,ロボット工学,疾患研究,認知神経科学など,様々な領域にまたがる共同研究の機会を頂きました。ここで,私たち獣医学の特徴と求められるポジションを 「比較生物学的な視座による生命の理解」に基づく「適切に動物を扱う実験医学」であると気づきました。

 私たちの研究には2つの特徴があります。1つはマイクロミニピッグを扱っていること,もう1つは臨床獣医学のソフト(様々な専門を持つ獣医師・獣医学研究者)とハード(附属動物病院のCTやMRIなどの診断治療機器)があることです。私たちは,これらの2つの特徴を活かし,マウスやラットでは叶わなかった「トランスレーショナルリサーチ」を進めています。

 私たちは,研究をチームで行う競技(団体競技)としてとらえています。ここで考えなければならないことは,チームの勝利です。団体競技でチームが勝つ(=研究成果を出す)には,異なるポジションのプレーヤーがそれぞれの持ち場で最大のパフォーマンスを発揮することが大切だと考えています。ストライカーや4番打者ばかりが集まってもゲームには勝てませんし,ドラマを盛り上げるには渋いバイプレーヤーも必要です。

 これまでの研究から,私たちは「自分でもゴール(生殖発生工学)を狙えると同時に,ゴールにつながるアシスト(トランスレーショナルリサーチ)も出せるミッドフィルダー」となることを目標といたしました。言い換えますと,自らの生殖発生工学研究を進めつつ,時にマイクロを使って研究をしたい先生がたのサポートに回り,イノベーションの創出に貢献するポジションです。可能ならば,このポジションで多様な研究に触れ,科学の面白さと研究が開くミライを見てみたいと思っています。

'230906 日本獣医学会「生理学・生化学シンポジウム」.jpg

Laboratory of Biomedical Engineering

​Reproductive Biology

 

 

私たち 岐阜大学 高等研究院 生体医工学研究室では,生殖発生工学技術を核として,世界最小クラスのミニブタ マイクロミニピッグを用いた異分野融合型トランスレーショナル研究を推進しています。

生殖発生工学

私たち自身の研究テーマとして「Pharm technologyの構築」があります。この中の大きな目標として,臓器再生を目指した「マイクロミニピッグにおける新たな遺伝子改変法の構築」があります。

 この技術を構築するために,卵子の成熟,初期発生,受精卵の凍結,精巣の器官培養,精子形成,といった生殖生理に着目し,研究を進めています。

トランスレーショナルリサーチ
DSC_0082.JPG

私たちの専門ともいえる「動物をしっかりと診られる」ことを活かして,情報学,医学,工学,農学などの先生方と共にトランスレーショナルリサーチ(TR)にチャレンジしています。

 私たち「ヒト以外の動物をあつかう獣医学」は異なる分野のコトバを理解し,翻訳 translationすることを得意とします。私たちはこの特性を活かし,TRを推進します。

What is Pharm Technology?

PHARMとは,farmとpharmaceuticalの合成語であり,「薬品生産のために遺伝子組み換え技術によってつくった植物・動物を栽培・飼育する場所」を意味します。

 私たちは獣医学・生物工学・バイオテクノロジーの力を借り,pharm technologyの開発に挑戦します。ここでは,体外受精や顕微授精,クローン技術といったIn Vitroの研究から生体への授精卵移植,妊娠維持,出産といった臨床獣医学的な手技を用いた統括的なサイエンスに挑戦します。遺伝子情報からミニブタ個体までをカバーできる研究室は国内外を見回しても,多くはありません。

画像1.png

他大学からの大学院入学を過去にも受け入れています。→ 大学院の案内ページ
研究室訪問なども随時受け付けています。ご興味のあるかたは,お気軽にお問い合わせください。
ご来室いただく場合は,事前に日程調整をお願いします。→ 問い合わせ先・研究室へのアクセス

研究員・研究支援員を募集しています。一緒に働いていただける方,連絡をお待ちしております。

お知らせ

bottom of page