top of page

1. ​ごあいさつ

 私たちのHPにお越しいただきましてありがとうございます。岐阜大学 高等研究院 生体医工学研究室では,臨床獣医学に立脚した生殖・発生工学を中心に研究を進めています。その中でも,ミニブタ(マイクロミニピッグ)における遺伝子改変・ゲノム編集・クローン技術の構築に力を入れています。​私たちの研究室の扉を常に開け,「幸運な出会い」を期待しています。少しでも私たちに関心をお持ちいただけましたら,どうぞ気兼ねなくご連絡を頂きたく存じます。

高須正規(たかすまさき) 博士(獣医学),獣医師,日本実験動物医学専門医

東海国立大学機構 岐阜大学 高等研究院 准教授

2006年 岐阜大学大学院連合獣医学研究科 修了(短縮)

2007年 岐阜大学 応用生物科学部 獣医学科 獣医臨床繁殖学研究室 助教

2010年 岐阜大学 応用生物科学部 獣医学科 獣医臨床繁殖学研究室 准教授  

2010年 ミュンヘン大学 獣医学部 留学( マイクロミニピッグの飼育・研究を開始)

2023年 岐阜大学 高等研究院 准教授 現在に至る。

IMG_3089.JPG
IMG_3341.JPG

私たち生体医工学研究室は,2023年にできた新しい研究室です。当研究室は,獣医学科のスタッフとして獣医臨床繁殖学の教育研究を担当していた高須が高等研究院に異動して設立されました。異動に際して「ミニブタを介したトランスレーショナルリサーチを推進する」というミッションを受けました。このミッションを少しでも進められるように励んでまいります。

 当研究室の所属は高等研究院ですが,応用生物科学部・獣医学科の教育を一部担当しています。配属を希望する獣医学科の学生さんには当研究室に所属いただき,卒業研究を一緒に実施します。所属学生には,学会での報告はもちろん,学会誌への投稿にチャレンジしてもらっています。

 また,岐阜大学大学院 共同獣医学研究科の大学院生も受けて入れております。同大学院では主指導教員として,生殖生物学を担当しています。同獣医学研究科は修士のない4年制 博士課程ではありますが,他大学で修士を修了された方の進学も可能です。

 当研究室では,社会人の大学院生・研究生等も受け入れております。例えば,現在 不妊治療クリニックにて胚培養士としてご活躍されている先生にもラボへお越しいただいています。

 私たちの研究室に所属いただける学部学生,大学院生,研究生を歓迎いたします。もちろん,他大学の先生方との共同研究も大歓迎です。一人でも多くの方とともに,「すぐには役に立たない問い」を

​2. 適切な研究を行うために

スライド2.JPG

医生物学的な研究を行うにあたり,動物実験を避けることはできません。もちろん,生物に関心を持ち,獣医学を志した私たちにとって,生きものを傷つけることは本意ではありません。動物実験を避けられないのならば,どうしたら動物に与える苦痛を少なくできるか,実験に使用する動物の数を減らせるかを考える必要があります。このために,実験動物学をしっかり学び(日本実験動物医学専門医も取得),飼育動物のQOLを考えて参ります。

 また,当研究室では家畜であるブタを実験対象としていますので,家畜保健衛生所の指導の下,家畜伝染病予防法に基づく防疫体制を敷いております。

3. ​研究室の実績

​ON GOING PROJECTS

​​代表 

  • R4-R7 基盤研究(B)「過剰排卵処置に続く経腹壁エコーガイドで採取したブタ卵子に由来する受精卵の特徴」

  • R4-R6 あいち農業イノベーションプロジェクト「WG3 持続可能な畜産モデルの実現」

分担

  • R3-R9 AMED-CREST マルチセンシングネットワークの統合的理解と制御機構の解明による革新的医療技術開発 「神経科学を活用する複合性局所疼痛症候群に対するintelligent neuromodulation systemの開発」(代表: 名古屋大学 平田 仁)

  • R4-R6 AIP加速課題「胚培養士の能力接続による易しい顕微授精システム」(代表: 名古屋大学 青山忠義)

  • R4-R6 基盤研究(B)「スケール制約を突破するイマーシブ・マイクロスペースの創成」(代表: 名古屋大学 青山忠義)

  • R4-R6 基盤研究(B)「間葉系細胞カラムとips細胞・遺伝子編集技術を融合した新規治療システム」(代表: 名古屋大学 古橋和拡)

  • R4-R6  有機粉じん毒性評価のための包括的基盤構築 (代表:労働安全衛生総合研究所 梅田ゆみ)

  • R5-R7 基盤B「1細胞解像度で紐解くじん肺アトラスの創出」 (代表:労働安全衛生総合研究所 山野壮太郎)

  • R6-R8 石綿関連疾患に係る治療手法及びケア手法に関する研究「石綿関連疾患の治療法開発に貢献する新規疾患モデル開発についての研究」(代表:労働安全衛生総合研究所 山野荘太郎)

  • R6-R8 基盤研究(B)「ブタとシングルセル解析で挑むMWCNT肺疾患の病態解明」(代表:労働安全衛生総合研究所 梅田ゆみ)

  • R6-R8 基盤研究(A)「粉塵誘発性肺疾患のILA概念による再定義」(代表:高知大学 菅沼成文)

​PUBLICATION LIST (past 5 years)

2024

  • Hano, K., Takashima, S., Inatani, Y., Kainuma, R., Oiji, Y., Nakamura, K., Yayota, M. and Takasu, M.: Ovarian dynamics in progesterone tablet-induced superovulation in goats assessed by magnetic resonance imaging. Anim. Sci. J. 95: e13914, 2024. IF=2.00

2023

  • Masuda, M., Nikadori, A., Nikadori, E., Uchida, N., Takizawa, Y., Ishimaru, M., Yamamoto, T., Yuasa, R., Kugai, H., Nagahama, Y., Takasu, M. and Tozaki, T.: Evaluation of genetic diversity using 31 microsatellites in Miyako horses. J. Equine Sci. 34: 1-76. 2023. IF=0.73 

  • Tanahashi, Y., Shoda, S., Kawada, H., Ando, T., Nagata, S., Takasu, M., Hyodo, F., Goshima, S., Mori, T. and Matsuo, M.: Intranodal dynamic contrast-enhanced computed tomography lymphangiography and dynamic contrast-enhanced MR lymphangiography in microminipig. Eur. Radiol. 33: 3165-3171, 2023. IF=5.315

  • Aoyama, T., Takeno, S., Yokoe, K., Hano, K., Takasu, M., Takeuchi, M. and Hasegawa, Y.: Micromanipulation system capable of simultaneously presenting high-resolution and large field-of-view images in real-time. IEEE Access 11: 34285-34285, 2023. IF=3.557 

  • Endo, S., Morikawa, Y., Matsunaga, T., Hara, A. and Takasu, M.: Characterization of a novel porcine carbonyl reductase activated by glutathione: Relationship to carbonyl reductase 1, 3α/β-hydroxysteroid dehydrogenase and prostaglandin 9-ketoreductase. Chem. Biol. Interact. 381:110572. IF=5.16

  • Saito, I., Nakamura, K., Tozaki, T., Hano, K. and Takasu, M.: Genetic characterization of Japanese horse breeds by genotyping variants that are associated with phenotypic traits. J. Equine Sci. 34: 115-120, 2023. IF=0.73

  • ​Kobayashi, I., Nakamura, K., Saito, I., Akita, M., Tozaki, T., Hano, K. and Takasu, M.: Changes in population structure and genetic diversity of the Misaki horse between 2015 and 2020. J. Vet. Med. Sci. 85: 1327-1329, 2023. IF=1.105

2022

  • Tozaki, T., Kwak, H. G., Nakamura, K., Takasu, M., Ishii, H., Ohnuma, A., Kikuchi, M., Ishige, T., Kakoi, H., Hirota, K., Kusano, K., Hirata, M., Nirasawa, T. and Nagata, S.: Sequence determination of phosphorothioated oligonucleotides using MALDI-TOF mass spectrometry for controlling gene doping in equestrian sports. Drug Test Anal. 14: 175-180, 2022. IF=2.799

  • Koyasu, K., Hyodo, F., Iwasaki, R., Eto, H., Elhelaly, A. E., Tomita, H., Shoda, S., Takasu, M., Mori, T., Murata, M., Noda, Y., Kato, H. and Matsuo, M.: Spatiotemporal imaging of redox status using in vivo dynamic nuclear polarization magnetic resonance imaging system for early monitoring of response to radiation treatment of tumor. Free Radic. Biol. Med. 179: 170-180, 2022. IF= 7.376

  • Kawada, H., Shoda, S., Miyoshi, T., Takasu, M., Tanahashi, Y., Iwasaki, R., Nagata, S., Kawai, N., Noda, Y., Goshima, S., Hyodo, F., Mori, T. and Matsuo, M.: Radiological arterial anatomy in mature microminipigs as a pre-clinical research model in interventional radiology. Cardiovasc. Intervent. Radiol. 45: 705-708, 2022. IF=2.740

  • Saeki, S., Tokutake, K., Takasu, M., Kurimoto, S., Asami, Y., Onaka, K., Saeki, M. and Hirata, H.: Functional reconstruction of denervated muscle by xenotransplantation of neural cells from porcine to rat Intl. J. Mol. Sci. 23: 8773, 2022. IF=6.20

  • Voronkova, V. N., Nikolaeva, E. A., Piskunov, A. K., Babayan, O. V., Takasu, M., Tozaki, T., Svishcheva, G. R. and Stolpovsky, Y. A.: Assessment of genetic diversity and structure of Russian and Mongolian autochthonous horse breeds using nuclear and mitochondrial DNA markers. Russ. J.  Genet. 58: 927-943, 2022. IF= 0.559

  • Tozaki, T., Ohnuma, A., Nakamura, K., Hano, K., Takasu, M., Takahashi, Y., Tamura, N., Sato, F., Shimizu, R., Kikuchi, M., Ishige, T., Kakoi, H., Hirora, K., Hamilton, N. A. and Nagata, S.: Detection of indiscriminate genetic manipulation in thoroughbred racehorses by targeted resequencing for gene‐doping control. Genes 13: 1589, 2022. IF=4.141

  • Ando, A., Matsubara, T., Suzuki, S., Imaeda, N., Takasu, M., Shigenari, A., Miyamoto, A., Ohshima, S., Kametani, Y., Shiina, T., Kulski1, J. K. and Kitagawa, H.: Genetic association between farrowing rates and swine leukocyte antigen alleles or haplotypes in Microminipigs. Cells 11, 3138, 2022. IF= 6.600

  • Yoshihara, T., Kikuchi, M., Akiba, Y., Horiguchi, M., Takasu, M. and Tozaki, T.: Genetic diversity and parentage verification of Taishu horse using 31 microsatellites. J. Equine Sci. 33: 63-69, 2022. IF=0.73

2021

  • Fujishiro, T., Aoyama, T., Hano, K., Takasu, M., Takeuchi, M. and Hasegawa, H.: Microinjection system to enable real-time 3D image presentation through focal position adjustment. RA-L. 6: 4025-4031, 2021. IF=3.608 

  • Tozaki, T., Ohnuma, A., Takasu, M., Nakamura, K., Kikuchi, M., Ishige, T., Kakoi, H., Hirora, K., Tamura, N., Kusano, K. and Nagata, S.: Detection of non-targeted transgenes by whole-genome resequencing for gene-doping control. Gene Ther. 28: 199-205, 2021. IF=3.749

  • 藤城俊希, 青山忠義, 杷野一輝, 高須正規, 竹内 大, 長谷川泰久. 実時間3次元画像呈示により奥行き方向の視認性を向上させるマイクロマニピュレーションシステム. 日本ロボット学会誌. 39: 467-470, 2021. 

  • Kaneko, A., Takasu, M., Miyabe-Nishiwaki, T., Nakamura,K. and Okamoto, M.: Physiological variation in Japanese macaques (Macaca fuscata) housed in different outdoor cages evaluated using the metabolic profile test. Primates 62: 609-615, 2021. IF=1.363. Co-first.

  • Imaeda, N, Ando, A., Matsubara, T., Takasu, M., Nishii, N., Miyamoto, A., Oshima, S., Kametani, Y., Suzuki, S., Shiina, T., Ono, T., Kulski, J. K. and Kitagawa, H.: Stillbirth rates and their association with swine leucocyte antigen class II haplotypes in Microminipigs. Anim. Biosci. 34: 1749-1756, 2021. IF=1.664

2020

  •  Amano, T., Tozaki, T., Takasu, M., Onogi, A., Yamada, F., Kawai, M. and Ueda, J.: Changing sire in a breeding farm maintains genetic variation in a produced herd in DNA level in Hokkaido native horse. Anim. Sci. J. 91: e13318, 2020. IF=1.399

  • Nakamura, M., Tozaki, T., Kakoi, H., Nakamura, K., Rajabi-Toustani, R., Ohba, Y., Matsubara, T. and Takasu, M.: Decreased genetic diversity in Kiso horses revealed through annual microsatellite genotyping. J. Vet. Med. Sci. 82, 503-505, 2020. IF=1.049

  • 高須正規, 千頭 聡. 木曽馬の保存に関わる人々の馬ならびにその保存に対する視点 Hippophile 82, 1-6, 2020.

  • Tanahashi, Y., Iwasaki, R., Shoda, S., Kawada, H., Ando, T., Takasu, M., Hyodo, F., Goshima, S., Mori, T., Matsuo, M.: Dynamic contrast-enhanced computed tomography lymphangiography with intranodal injection of water-soluble iodine contrast media in microminipig: Imaging protocol and feasibility. Eur. Radiol. Eur Radiol. 30: 5913-5922, 2020. IF= 4.101  

  • Ohshima, S., Matsubara, T., Miyamoto, A., Shigenari, A., Imaeda, N., Takasu, M., Tanaka, M., Shiina, T., Suzuki, S., Hirayama, N., Kitagawa, H., Kulski, J. K., Ando, A. and Kametani, Y.: Preparation and characterization of monoclonal antibodies recognizing two CD4 isotypes of Microminipigs. PLOS ONE 15: e0242572, 2020. IF=2.870   

bottom of page